八千代ビーフの魅力

八千代ビーフは千葉県のブランド牛であり、千葉県北部酪農農業協同組合に加盟している食肉牛肥育農家の方によって出荷される牛肉であります。八千代ビーフは一般的に乳牛として飼育されているホルスタイン種を、食肉用の牛として肥育しているのが特徴であります。ホルスタイン種であることからそれほど多くの脂身が乗ることはありませんが、それゆえに赤身の美味しさを引き立たせています。そして赤身そのものに肉汁が多く風味が豊かなことから、ホルスタイン種独特の肉質と適度な脂肪の含み具合があいまって八千代ビーフの美味しさとなっています。

京都生協:乳牛についてモーッと知ってね

また、八千代ビーフは子牛の段階から肥育段階に至るまでその時々に合わせて与える飼料が変わります。子牛の段階では免疫力を高める為に必ず母親の母乳を飲ませて育てることから始まり、乳離れをさせなければならない段階では離乳食のような飼料を、そして成長期には身体を作るための栄養豊富な飼料や牧草などを与え、適切に牛の身体を成長させていくのです。この努力によって、八千代ビーフはとても高い品質の肉をつけるようになっています。

米沢牛 しゃぶしゃぶ

八千代ビーフの特徴であるのはその品質管理の厳しさです。トレーサビリティシステムが徹底されていることから、八千代ビーフという製品になる前の牛がどこで肥育され、どのようにして食肉としての製品になったかという流通の経路が明確に分かるようになっています。ですから、産地偽装などのリスクがほぼ無いのが魅力の1つだと言えるでしょう。

毒ヘビ、ワニガメ等の特定動物の飼養又は保管の許可について | 相模原市

そして、無理に牛の免疫を高めるための抗生物質の投与も行っていないことから、健康という視点においても安心できる牛肉であるのも大きな魅力だと言えるでしょう。